資金調達の規制

個人で資金調達しようとすると審査に通らないことがある

個人で資金調達しようとすると審査に通らないことがある 資金調達の方法にはアセットファイナンスとデットファイナンス、エクイティファイナンスの3種類があります。
一般的に広く行われている銀行など金融機関からの融資はデットファイナンスに該当します。
アセットファイナンスの代表的なものはファクタリングで、エクイティファイナンスにはベンチャーキャピタルや個人投資家からの出資などがあります。
個人で資金調達を行う場合に、金融機関の審査を通過できないケースも多く見られます。
そのような場合にはファクタリングのようなアセットファイナンスを活用するのも1つの方法です。
保有している有形・無形の財産を売却して資金調達を行う方法で、低コストで資産を資金化できるというメリットがあります。
資産を売却すれば貸借対照表から切り離されるため、財務体質が改善され経営効率を高めることも可能です。
銀行などから融資を受ける場合には返済義務が残りますが、アセットファイナンスならば返済義務がないため経営上の負担にならないというメリットもあります。

個人事業主で銀行から資金調達する際に必要な書類とは?

個人事業主で銀行から資金調達する際に必要な書類とは? 個人事業主が資金調達のために銀行のビジネスローンを利用する場合、どのような書類が必要かというと、本人確認書類や代表者の印鑑証明書、収入確認書類や事業関連書類です。
本人確認書類は運転免許証やパスポートなど個人の情報が確認できるものを用意しましょう。
印鑑証明は開業届を出した管轄地域の役場で事前に登録することができます。
収入証明書類は基本的に2期分の確定申告書の提出を求められることが多いです。
事業関連書類はお金を貸す上で必要な情報を得られることができるので、数値などをしっかり記す必要があります。
エクセルやワードなどの書類を使ってわかりやすく作成するのがポイントです。
銀行のビジネスローンを資金調達に利用するメリットは、審査が通りやすく即日融資を受けやすい点です。
またコンビニATMで借入や返済ができ気軽に利用できる点も、メリットの一つであると言えるでしょう。
さらに限度額の範囲内であれば何度でも借入することができます。