資金調達の規制

個人の資金調達にまつわる規制

個人の資金調達にまつわる規制 個人が様々な事業を行うために資金調達をする場合、様々な規制が存在することも十分に意識しておかなければなりません。
特に最近では日本でもクラウドファンディングが人気となっており、不特定多数の出資者から資金を集めて様々な目的に使用する仕組みが確立されており、またこれを仲介する事業者も非常に増えているのが実態です。
ただしこのようにして資金調達をした場合には、その目的に関する様々なルールがあり、また用途によっては納税の義務が発生することもあるため注意をすることが必要です。
日本では様々なボランティア活動などにクラウドファンディングを利用することが多く、そのためこれらの規制に関してはあまり意識されないことも多いのですが、それでもその形態によってはいろいろな税金が発生することも少なくありません。
ものを作って寄贈した場合には贈与税が発生したり、また有償で販売するような場合には所得税が発生することもあるためそのルールを十分に認識し、適切に行うことが重要です。

個人の資金調達は制限を受ける場合と受けない場合がある

個人の資金調達は制限を受ける場合と受けない場合がある 企業が資金をする方法として一般的なのが、銀行から融資を受けるという方法ですが、この方法は個人で資金調達をするときにも利用することが出来ます。
銀行から融資のメリットは、その他の方法に比べて金利が低い、多額の融資を受けることが出来るということがありますが、その分、審査が厳正に行われるためすべての人が利用することが出来るわけではありません。
そこで、銀行からの資金調達が叶わなかった場合には、銀行以外から借り入れをするという方法があります。
現在は、収入の3分の1を超えた借り入れは制限されるという総量規制という制限が設けられているため、年収が低いという場合や無収入であるという場合には、資金を調達することが出来ませんので、注意が必要でしょう。
ただし、資金調達の目的が個人的に利用するのではなく、事業資金として利用するという場合には、その限りではありません。
いずれにしても、返済をしっかりと行うということを前提に借り入れは行うべきでしょう。